AugmentedBacklight

AugmentedBacklight: 液晶ディスプレイの光表現の拡張

 

概要

私たちが生活する実世界には様々な光が溢れていますが、 こうした表現を従来のディスプレイで体験することは難しいです。 たとえば、木漏れ日を感じながら読書する体験は、 テレビやディスプレイに映った木漏れ日の映像とは大きく異なります。
本研究では、液晶ディスプレイのバックライトを拡張することで実世界の光を想起させるような表現を行うシステム「AugmentedBacklight 」を提案します。

 

コンセプト

AugmentedBacklightのコンセプトは、バックライトを拡張することによって、実世界の光を想起させる/人の印象に残るといった、多様な光表現をLCD 上で再現することです。

AugmentedBacklightのコンセプト

図1:コンセプト

 

プロトタイプ

まず、透過型液晶の背面に半透明のスクリーンを設置し、背後からプロジェクターで光の映像を投影するようなプロトタイプを作成しました(図1)。コンテンツに合わせて様々なバックライトの表現を実現します。このとき、制御用PCでは、液晶パネル上で表示するコンテンツ(=「表示コンテンツ」と呼ぶ)と、その光源として 使用する映像コンテンツ(=「光源コンテンツ」と呼ぶ)を制御します。

コンテンツに合わせたバックライトの表現例として、表示コンテンツに「電子書籍」、光源コンテンツに「木漏れ日の映像」を用いた場合のAugmentedBacklightによる表現例を、図2に示します。これによって、木漏れ日の下で読書をしているような効果を得られるかもしれません。

AugmentedBacklight効果例:こもれびの下で読書風

図2:「電子書籍」を「木漏れ日」の光で表示した場合の効果例

 

今後の課題

本システムを用いた表現例の実験・効果的ないくつかの表現例の確認を行いましたが、まだ基礎的な実験段階であるため未知な事が多くあります。今後は印象評価実験を通して効果的な光源コンテンツ/表示コンテンツを探るとともに、その見え方に関係する認知的な要因についても検証していきたいと考えています。

 

関連発表

  • 沖 真帆,塚田 浩二,椎尾 一郎: AugmentedBacklight:液晶ディスプレイの光表現の拡張,情報処理学会 インタラクション2011論文集,pp.339–342 (2011). [PDF]